幼少期よりジャンルを問わず多くの音楽や表現に触れ、ストリートダンスを始める。2011年より師匠MOMOKOの主催するラテンダンスカンパニーLatin Beauty®に所属し、自主公演等数々の作品に参加。2017年高校卒業のタイミングを経て、単身渡米。ニューヨーク州立大学にて舞台芸術を専攻、現代版ギリシャ悲劇「バッコスの信女」でアガウ”ェを演じるなど、2年間の修学期間の中で演劇という新たな表現方法を発見する。2019年フロリダ州ウォルトディズニーワールドにパフォーマーとして合格。年末にはディズニーパーク初の試みである実寸大アニマルパペットを使用した操り人形師集団に選抜され、ABCにてメディア出演を果たす。
2020年帰国後、アメリカでの経験を生かし英語教師として某英語学校にて教鞭をとる。
日常英会話、資格・試験対策、留学準備等幅広く対応。